タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

おすすめベッドガード3選【日本から持ってきた方がよいもの】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

日本から持ってきた方がよいものシリーズです。
今回はベッドガード。
布団で寝る派、もしくは子供はベビーベッド派の方はスルーしてくださいませ。
 

そもそもベッドガードって必要?

絶対必要です!!
タイのベッドは日本より高さが高く、落ちたら絶対痛いです。
なのに、タイではあまり見かけません。
ベビーベストバイか日本人向け中古用品店ぐらいかな。
ねんねの頃を終えて寝返りしだすと、子供の寝相はすごいです。
気づいたら変なところにいます(笑)。
転倒防止のためにもベッドガードを設置することをおすすめします。
 
おすすめのベッドガード3選を紹介します♪
※ベッドガードに子供が挟まらないよう、事故には十分気をつけてくださいね。
日本よりタイのベッドのマットレスの方が高めです。
マットレスの高さを測ってから購入しましょう。
 

カトージ ポータブルベッドガード(幅130センチ)

ベッドガードのベストセラーです。
女性でも楽々組み立てができ、折りたためるので帰省や旅行にも持っていけます。
シンプルな色も選べるし、子供部屋っぽい柄もあります。
ただ、設置できるマットレスの高さが25センチまでなので、タイのベッドには合わないかも……??
 

 

 

日本育児 NEWベッドフェンス(ハイタイプ)

取り付け可能なマットレスが36センチまでのハイタイプです。
タイのベッドにも合うサイズかと思います♪
ベッドメイキングやシーツ換えの時はパタンと倒せるので邪魔になりません。
これも折りたためるので、持ち運びが楽々です。

 

 

アジルオリジナル ●お得な2点セット●
NEWポータブルベッドガード

こちらもマットレス36センチまで設置OKなタイプです。
他のベッドガードより、横幅が狭めですが、
あえて2個並べて付けることができる幅で、隙間ができにくくなっています。
ベッドガードのスタンダードサイズ(?)横幅130センチだと
隙間が結構空いてしまうので心配という方におすすめです。

 

 

ベッドガード買うか悩んでいる方の参考になれば幸いです☆

 

↓参考になったよという方、よかったらクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村