読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

スポンサーリンク

Profile

11/2更新

自己紹介

引きこもりアラサー駐在妻。 昨年男の子を里帰り出産。毎日育児に追われてますが、無理のない範囲で好きなことは諦めたくありません。

ミニマリスト(目標)

ズボラで家事はなるべくやりたくありません。中身はホタルノヒカリの蛍みたいな人です。でも、汚部屋には住みたくありません(笑)。部屋はある程度綺麗でないと嫌です。ゆえに、「ミニマリスト」を目指しています。

物が無ければ掃除しなくていいから!

セール情報を載せるけど、本当に好きなものしか買わないし、雑貨屋にはあまり行きません。 子供のおもちゃはいっぱいあるし、自分の本は整理できないミニマリスト(目標)です。だから、目標。

趣味

来タイしてからは暑いし引きこもり→家でできるものを探そう! 趣味は読書…でしたが、子供がいてまとまって読む時間が取れないおかげで全然読めてません。なのに、電子書籍の半額セールがあるとフィーバー(笑)。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

漫画も読みます。今でもりぼんの漫画が好きで単行本を買っています。いい歳して純愛大好き。ジャンプの打ち切り作品が好きな残念な読者です(笑)。 手芸初心者中の初心者です。旦那のズボンの裾をミシンで縫うことを覚えたぐらいの初心者です。バッグとか作ってみたいです(端切れはたくさんある)。ちなみに編み物は飽きたのでもうやりません。 3月末にブログを初めてからというもの、ブログに夢中です。

たぶん一番の趣味は「節約」なんじゃなかろうか(笑)。(ただし、ケチにはなりたくないし、お世話になった人にはそれなりのお返しを。出すところは出しますよ)

友達が欲しい

基本ぼっちで、勇気出す→友達作る→すぐに友達帰国→勇気出す→友達作る→すぐに友達帰国のループが嫌で友達作りは2年目ぐらいで諦めていたが(笑)、子供と同じくらいの友達が欲しいと思ってます。

子供いない方、現地採用さん、駐在員さん、永住している方などなど、自分に無い生活・趣味・お仕事をされている方のブログを読むのが大好きです。自分に無いものを持っている方が純粋に大好きで尊敬してしまうのです。

駐在妻でなくても、上記に当てはまる方、当てはまらない方、子連れでよければお友達になりたいです。(駐在妻とか現地採用とか何人とか子供いるいないとか、話が合えばそんなのどうでもいいと思ってます)

今年の目標は「友達を作る」です。

ただし、旦那と子供がいる身なのでラブ求めていません。

ブログを始めようと思った理由

検索で読まれる駐在妻ブログを書きたい

こんなにネットが普及しているのに駐在妻ブログって古い情報だったり、検索にヒットしないものが多いので、検索にヒットする情報を書いていこうと思いました。 来タイ当初、タウさんのブログをよく読んでいました。情報量もすごいし、書いてあることもリアルで参考になりました。今は情報が古くなっています。

そこで、タウさんのようなブログがそろそろあってもいいじゃないかと。私がリアルな情報を書くことで、救われる方がいるといいなと思いました。(そこまで有益な情報を提供できるかは分かりませんが…)こう書くと上から目線になってしまいますが。。。

在タイ4年目、新しいことがやりたい!

ぼっち脱出計画です。(ここ超大事ですよ)

1年目、2年目はあれもこれもやってみたいと思うことが多く、その過程で友達もできました。今は子供と出かけるの面倒だなとか家テレビ観てダラダラしたいとか、そんな気持ちばかりで気づいたら友達が帰国。で、友達がいなくなっていきます。そんな自分を変えるために挑戦してみました。

ブログを始めてから、コメントやメールで情報をいただいたり、いただいた情報を元に新しい場所へ行ったり、ブログ友達ができたり、ツイッターを初めてみたり、毎日新鮮です。ありがとうございます。

たまに豆腐メンタルから、ぼっち寂しいとかこじらせてますが、暖かく見守ってください。そのうち復活するはず。

ブログの方針・目標

ブログの方針・目標も書いておきます。

方針

基本的にはバンコク子連れ駐在妻の日常です。子連れ駐在生活で有用な情報を書いていきたいです。 子供及び自分の写真は顔が隠れていてもNG。 育児記録のようなものはあまりありません。 楽しいことをたくさん書く!

目標

タイ駐在・移住予定の方にタイ生活こ楽しそう!と思ってもらいたい。 ブログを通じて交流をしたい。 検索から来ていただき、リピーターさんを増やすことが目標。

末長くお付き合いいただけると嬉しいです。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました!