タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

本帰国後のことを考えて、バンコクにあるといいなと思う習い事(超個人的)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。 先日、ある方に頭痛いこと言われました。 「ぼーっとしてたらすぐ駐在終わっちゃうわよ! できる駐妻は計画を立ててバンコクで資格を取るの! その資格で再就職するんだから!習い事しなさい!」 もう会うことも無いし、言っても無駄だなと思ったから、言わなかったけどさ、 「就職につながるような」資格を取れる習い事で、やりたいものが無い

あくまで個人的な意見なので、資格を取るために頑張っている方、習い事をしている方を否定するわけではないです。むしろ尊敬します。本当に素敵です。見習いたいです(>_<) でも、私には無理だなと思います。まずはその理由、あったらいいな♪と思う習い事妄想を書いておきます(笑)。

【注意】 全て超個人的な意見です。ネタとして読んでくださいね。バンコクにある習い事を否定・批判するものではありません。

了承いただける方のみ、読み進めてくださいませ。

私がバンコクで「就職につながるような」資格を取れる習い事に、興味が持てない理由

  • センス・経営能力が無い。
  • 就職するなら雇われたい(笑)。
  • 田舎で自営始めたところで客が本当に来ないし、これらを身につけたところで就職先が無い。
  • 私はごく普通の凡人。

バンコクで取れる「就職につながるような」資格って大体が専門職、あと自営ですよね。ヨガのインストラクターとかカービングの先生とかネイルとかマッサージとか…。当然のことながらセンスが問われます。自営は専門職としてスキルを磨くより経営能力だと思います。センスも経営能力も無い凡人(私)には無理です。経営のことなんて考えたくないし雇われたい(笑)。 あと、私は日本に帰ったら田舎に住む予定です。バスは一時間に一本、JRも30分に一本、最寄駅は車で30分、駅前にマックなど無くコンビニができただけでニュース!こんな田舎で○○講座とかネイルサロン開いたところで誰も来ません。年寄りばかりだからマッサージ……タイ式マッサージやったら大変なことになる未来しか見えないよ(笑)!田舎でも稼げるイメージが湧きません。

何度も言うけど、資格を取るために頑張っている方は本当に素晴らしいです! でもさ、習い事してないから、資格を取ってないからって、 バカにされる覚えは無いんですよσ(^_^;)と言いたい。 就職につながるような資格ならユーキャンで在宅で取れるし(子供いない時に取ったよ)、家で料理を極めるとか、在宅ワーク始めるとか、お寺や遺跡巡りを極めるとか、家でできる趣味にじっくり取り組むとか、子育て頑張るとか、そもそも習い事以外で頑張れることはいろいろあります。自分が納得しているならそれでいいじゃない!!とはにさんは冒頭の人にお怒りなんです(笑)。

バンコクにあるといいなと思う「就職につながる(かもしれない)」習い事(超個人的)

簿記、会計士、保育士、介護士

おそらくバンコクでこれらが取れるところってありませんよね??通信はあるのになぜ?特に保育士や介護士は今注目されてるからウケるんじゃないかなー。 何でこういうスタンダードな資格を取れるところが無いんだろ??普通、就職につながる資格ってこういうのじゃないの?

あまり就職につながらないけど、やりたい習い事(超個人的)

手芸の基礎

入園グッズを作ってみたいです。 暇だし、自分で作ってみたいって人ここにいます(笑)。子連れはこんなにいるのに何で無いんだろう。編み物やマクラメバック(見事にどちらも挫折しましたが)はあるのになぁ。家族の服や入園グッズ作れたら素敵だなぁ。 独学で手芸やってますが、なかなか人に見せられるレベルにならないのです。誰か教えてください。

日本料理

おそらくバンコクで日本料理が習えるところって一ヶ所?しかも、私が超通いにくいところだったんですよね(あくまで個人的だからねw)。 タイ料理やパン、デザートは習えるところあるのに、一番スタンダードで需要がありそうな日本料理が無いのが不思議。家族に美味しい料理を作りたいよね?プロンポン周辺で習いたいなぁ〜。

冒頭の言葉を言った人に伝えたい(絶対読んでないけどw)。

↑これ開講してください♡ その人何か習い事開いてる人じゃないんだけどねw キラキラしてないしダメ駐在妻だっていうのは分かってるけど、私だって駐在終わってからどうするか一応色々考えてるんだよー!!人には特に言わないだけで。

バンコクで習い事を開講しようか考えている方、こういうのどうですかねー。 もし、あるよって情報があればご連絡くださいませ☆(笑) ちなみに、本帰国の予定は今のところありません。でも、いつ本帰国するか分からない身だから、ぼーっと過ごすのはもったいないなと思います。自分なりに充実した駐妻ライフが送れればそれでよいのです♪