タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

【パタヤ旅行①】子連れでもパタヤへ行こう!交通手段はどうする?!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。 先日、子連れでパタヤへ行ってきました。 パタヤに行くのは3年ぶりでした。3年前はダイビングのライセンスを取る目的で行っただけなのですが、ホテルが繁華街の中にあってズンズンズンズンと朝まで煩くて最悪でした。夜の街に全く興味が無い夫婦でしたので、パタヤには二度と行かないと決めたのです。 3年間「パタヤ=夜」と決めつけていましたが、7月の四連休でパタヤの素敵な海の写真やレポートがツイッターに流れてきて、パタヤ行きたい!!!!と思いました。しぶる旦那を人様のブログで説得して、パタヤへ行くことができました。ありがとうございます。

子連れでパタヤに行く方ってあまりいないイメージですが、バンコクから近場リゾートとしていい場所だと思います。 今回は交通編を書いておきます。

交通手段

まず、パタヤに行くための交通手段ですが、大きく分けて4通りあります。

  1. バス(大型・ミニ)
  2. タクシー
  3. 貸切バス
  4. 電車

バスはバンコクからだとエカマイ・モーチットのバスターミナルから乗車するのが一般的です。料金は108バーツか130バーツ。2時間ほどでした。 タクシーは交渉制です。私が聞いたのは1500〜1800バーツくらいでした。 貸切バスはピンキリだと思いますが、何人かで行くなら料金を抑えることができます。 電車はフアランポーンから国鉄でパタヤ行きの列車が出ているようです。1日上下1本ずつ、所要時間は4時間ほど。電車だけは無いな……σ(^_^;)

子連れならどれを選ぶ?

バス・タクシー・貸切バスのいずれかですよね。 私たちは他に同行者もいない、ぼっち夫婦ですので(笑)貸切バスも無しです。 色々考えた結果、バスで行ってみることにしました。 その理由は次の通り。

  • 手頃な値段
  • エアコン付き
  • タクシーの乗り心地が苦手(私)
  • タクシーだと窓を開けたりドアロックを解除するようになった(>_<)

移動中、うとうとしていたら子供がドア開けちゃったとか笑えないですからね…。最近、タクシーに乗ると抱っこしててもドアを開けたがるので大変です。チャイルドロック付けてくれないか…(無理)。 もちろん移動中ねんねさせる前提です! 車の中でねんねできない子はタクシーの方がいいと思います。タイ人が子供に寛容とはいえ、辛いものがあるので。

バス・タクシーのどちらが事故りやすいかですが、正直どれも変わらないだろうというのが私の意見。郊外に住んでいましたが、郊外はみんな飛ばすのでバスもタクシーも酷い事故り方をしてるのです。 皆様、シートベルトはちゃんと締めてくださいませ。

行きエカマイバスターミナル

チケット売り場

f:id:hanisandayo:20160830020340j:plain チケット売り場は2種類あります。 大型バス(108バーツ)、小型バス(130バーツ)です。いずれもエアコン付きです。写真は大型バスのチケット売り場です。 古いブログの情報だとパタヤ行きの大型バスは「120バーツ」となっていますが、値下げされたのか現在は108バーツです。物価が上がり続けているタイで値下げされたものがあるなんて、衝撃でした。チケット売り場のおばちゃんに「エアコン付いてる?」と聞いてしまった(笑)。 チケットを買い、いざバス乗り場へ!

バス乗り場

f:id:hanisandayo:20160830020606j:plain これがパタヤ行き大型バスの乗り場です。 この日は休日だったので10分置きぐらいにバスが出ていて、人数が多かったのでチケット購入から20分ほど待ちました。 子連れでバス使うなら待ち時間も考慮しましょう(>_<)

f:id:hanisandayo:20160830020926j:plain 私のチケットはこちら。 あと数人早かったら前のバスに乗れたらしい…。 席は指定席です。座席の後ろにNo.が書いてあります。No.が書いてある座席に座りましょう。 バスの下に荷物を預けることができます。荷札とかは付けてなかったので、ロストバケットにはご注意を。

車内の様子

乗客はスマホいじったり、寝たり、音楽聴いたり。結構静かでした。 私は子供を寝かしつけて、旦那がゲームする隣で寝てました(笑)。 頑張ってバス乗車直前まで起こしたおかげで2時間ほど寝てくれました。 渋滞していたおかげで3時間コースでした…(´Д` ) 目的地に近づくと、途中下車する人もちらほら。

着いたらどうやってホテルまで行く?

f:id:hanisandayo:20160830021107j:plain バスターミナルを降りるとソンテウのおっちゃんに呼び込みされます。 料金は1人50バーツです。 正直、道でソンテウを乗り継いで行った方が安いですが(1コース10バーツ×乗り換え回数)、私たちが行くホテルへ行くには何度か乗り継ぎが必要で荷物を抱えていることもあり、そこまでぼったくりではないので乗ることに。 これが安いか高いかと考えるのは人によるかな…。ぼったくりなのは確か(笑)。

パタヤバスターミナル

f:id:hanisandayo:20160830021333j:plain

チケット売り場

帰りも当然108バーツ。14:40頃に到着したのですが、私たちが乗るバスは15:40発。10分置きに出発しているようですが、乗る人数が多いようで。 15:00頃にお昼寝させようと思っていただけに、1時間起こすのは辛かったです(笑)。 子連れでバスに乗るときは、昼寝の時間より早めにチケットを購入することをおすすめします。

バス乗り場

頑張って子供を起こしつつ、発車時刻を待ちます。 売店で飲み物やお菓子を買いつつ、乗る前にトイレに行こうとしたら、トイレの前にこんな看板が。 f:id:hanisandayo:20160830021500j:plain 待たせるくせにトイレ有料かい……なんて思わずに、3バーツ支払います。バスに乗る前にトイレ行かないと大変なことになるので。 もちろん、オムツ替えシートはありません。

車内の様子

行きと同じように乗客はスマホか寝てるか(以下略)。 私は行きと同じように子供を寝かしつけて(以下略)。 行きは超渋滞でしたが、帰りは渋滞することなく1時間50分ほどで到着。 渋滞ばかりは運だから仕方ないですね。タクシーも一緒だし。

子連れパタヤ交通手段まとめ

  • バスorタクシーがおすすめ。
  • 2〜3時間かかるのでなるべく車内で寝かせること。
  • おやつやおもちゃは必須。
  • 寝てくれればバスも案外快適です♪

子連れでパタヤに行く方の参考になれば幸いです。

ところで私たちはホテル予約のみツアー無しの旅でした。 海を見ながらプールを楽しむのが目的です。(海には入りません(笑) ハーバーランドに行ったり、象に乗ったり、ラン島に行ったり、ゴーゴーバーでイエーイ☆したり、って内容は一切ありません。 というのも、本当に何もしてないので、次の記事でホテル紹介して終わりです(笑)。

www.thai-kosodate-tyuduma.com