タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

2013〜2017年まで生活していた駐妻が選んだタイ・バンコクで子育て・生活するのに役立ったものリスト

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。
本帰国して、ネットが繋がらないのでなかなかブログが書けません。
せめてメールの返信くらいはまともにやりたいのですが、遅れがちで申し訳ありません。。。
最近、4月にタイへ赴任される方からのお問い合わせが増えてきました。
やはり日本から何を持っていけばいいか?が悩みの種のようです。
4年の駐在生活を振り返ってみて、日本から持って行ってこれは便利だったものをリストアップしておきます。
前半は子供無し、後半は子供有りでしたので、子供無しの方にも役に立つものも書いていきます。

私はどちらかというと現地調達派なので、最低限のものをリストアップしておきます。

タブレット 

 

最初はタイの田舎での駐在生活でしたので、引きこもりでした(笑)。タブレットは本当に大活躍でした。電子書籍を読んだり、ネットしたり、ブログ書いたり、ラインしたり、ゲーm……。今の時代に駐在でよかったです。

特に田舎生活の方には家でできる趣味を見つけていただきたいです。旦那さんも大変だろうけどこういう面でいいから配慮してほしい。友達作れって言っても最初はどうしても言葉の壁がありますから。日本語でネットしたり、日本語のテレビが観れるだけで随分違います。
kindleFireは比較的安く手に入るタブレットだと思います。タイで入手するのは難しいです。アマゾンが無いので…。

洗濯物干し器

 

タイにはこうした洗濯物干し器をあまり見かけません。物干し竿もありません。物干し器自体はありますしタイ人家庭の軒先に必ずと言っていいほどあるアイテムなのですが、かなりちゃちい作りでした。
これの最大の特徴は組み立ていらずなところです。実は私はホームセンターで適当に買った物干し器を使っています。ほとんどのこういうタイプの物干し器はドライバーやネジを使っての組み立てが必要です。女性にとっては非常に面倒です。先日子供に邪魔されながらやりましたが、私の不器用さも手伝って30分くらいかかりました。
友達の家でこれを使っていて、組み立ていらずなのが本当にすごいと思いました。今からでも買い直した…いや、いいです。

カメラ


カメラは日本で買って持ってくる方が安い場合が多いです。多いですが、どうしても買えないわけではありません。高価なものなので、タイで購入するなら少し覚悟しておくのがよいかと。あと、メーカー取り寄せなどが日本よりしづらいので、好きな機種・レンズが手に入るかどうかはわかりません。これはメーカーにもよるのかなぁ。P社のカメラ修理で苦労したので、少なくともタイでP社には問い合わせたくないかなぁ…。タイ文字読むの辛いよぅ。

バンコクには写真教室がありますし、タイ人は写真撮影が大好きなので写真スポットがたくさんあります。日本よりインスタアカウント持っている方が多い印象です。カメラをお持ちの方は是非持ってきてくださいね!
 
バンコクでサポートがしっかりしているカメラメーカーはキャノン、ニコン、ソニー、オリンパスだそうです。何年か駐在するのであれば、その辺も考えて購入した方が修理が楽だと思います。

 

と言いつつも、前カメラ(GF7)の次世代の機種GF9が出たと聞いて超欲しい私(笑)。日本に帰ったしねーって、妄想だけにしておきます。

私の以前使っていたパナソニック製のカメラを修理するのに大変だった話はこちらへどうぞ。。。

 

www.thai-kosodate-tyuduma.com

パナソニックのサービスセンターの方とのやりとりは日本語NGです。タイ語か英語ができないと難しいと思います。

 

お菓子作り用の道具(シリコン型、ケーキ型、計り)

 

タイにはしっかりとしたケーキ型、電子スケールをあまり見かけません。あってもかなり高価だと思います。作りがしっかりしていないものならあるのですが…。お菓子作りが好きな方は是非持って行ってください。お菓子作りが得意でなくても、専業主婦ならイベントごとに気まぐれで作りたくなるので是非(笑)。

 

腹帯、腹巻

ここからは子供ができてから必要になったものを挙げておきます。

日本では妊婦さんの必須アイテムの腹帯と腹巻ですが、タイでは見かけませんでした。妊娠前から買っておいた方がいいとまでは思いませんが、必要になった時誰かから送ってもらえると助かるのでは。

 

ベビーゲート

 

私が実際に持って行ったものと同じです。
タイの住居は日本の住居より2〜3倍という方も多いのでは。ベビーゲートは本当によく役立ちました。特に玄関前。タイの住まいは玄関ドア開けたらいきなり床です。玄関はありません。靴をいじるのが大好きなうちの子にはゲートが無いと玄関荒らされ放題になります…。
タイでも最近ベビーゲートが入手できるようになってきました。しかし、この日本育児のふわふわとおせんぼのようなベビーゲートは見たことがありません。
このふわふわとおせんぼの良いところは畳むと省スペースなところです。駐在は何度か引っ越しが必須ですから、省スペースは重要だと思います。つっぱるだけなので、簡単に設置できるのもよかったです。

 

アンパンマン おしゃべりいっぱい!NEWことばずかん

これは私たち夫婦の救世主だと思います(笑)。ぐずった時はこれを渡すと遊んでくれるし、お勉強もできます。いろいろな方がレビューされているので今さら書きませんが、アンパンマンは本当にすごい!!!
ちなみに、タイではアンパンマンはやっていません。昔はアンパンマン放映なのか、コピー品が出回っていたのか、何人かタイ語版を持っている方を見かけるのですが。
妖怪ウォッチは放映していますし、他の日本のアニメのグッズはそこそこ手に入るのですが、アンパンマンだけは別です。なぜでしょうか…?
 

マザーズバッグ


 
私のバッグはこれではありません(笑)。
リアルにお会いしたことがある方なら「自称ミニマリスト(私)」の荷物の多さ(笑)お分かりかと…。

タイで生活していると荷物が増えてしまって。汗をすごくかく子だし、お茶はたくさん飲むし、子供の荷物(とカメラ)でバッグがパンパンだし、取り出しにくかったです。加えて私は運転手がいないので、車に置いておくということもできず。移動が電車とかバスで、しかも段差や階段がある場所ばかりでした。
一時帰国の時にマザーズバッグを買ってみたら、荷物の整理がしやすくて本当に助かりました。しかも持ちやすい。マザーズバッグっていかにも子育てしてます感が出てしまってあまり好きではなかったのですが、そんなこと言ってる場合じゃありませんでした(笑)。
タイはアネーロのリュックが大人気ですが、マザーズバッグはあまり見かけないような…?

 

まとめ

タイ・バンコクでは大抵のものは手に入ります(お金を出せば)。どうしてもこれでなければダメ!!というもののみを持って行きましょう。船便の整理が大変なことになります。

今思えば、上に挙げたもの以外は無くてもそこまで困らなかったかなと思ってます。いや、上に挙げたものも無くても大丈夫かな(笑)。

来タイ準備をされる方、荷物の整理頑張ってくださいね!