タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

タイで調達した材料を使って【ホームベーカリー】でふっくらパンを焼く方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。
タイでホームベーカリーでふっくらパンを焼く方法(自己流)を紹介します。
この記事、1年くらい寝かせていた記事です…。すっかり忘れてたよ。

本記事はタイのローカルスーパーで手に入るものを使うことを前提としています。
日本から持ってきたものではまた勝手が違うと思います。(というか、今日本の材料で焼くと上手くいかないんだけどなんでかなぁ…)

ホームベーカリー

参考までに私が使っているものを紹介しておきます。

感じ方には個人差がありますが、問題なく焼けるし、音もうるさくないし、米粉パンとかうどんとかジャムとか色々な機能も付いています(使ってないけどw)。なのに1万円以下で購入できるなんて素晴らしい!
本当に「材料を入れるだけ」なので、パンを毎日食べる方や子供に安心して食べさせたい方にはオススメです。

 

材料

イースト菌はこれを使います。

f:id:hanisandayo:20160829023559j:plain


フジスーパーやテスコロータス、ビックシーなどで手に入ります。

その他材料はこちらを参考にどうぞ。

【参考記事】

タイのスーパーで買える粉まとめ(お菓子・パン作り、小麦粉、片栗粉、白玉粉、イースト菌、ベーキングパウダー、重曹など) 

 

注意する点

材料はレシピ通りに入れる

基本中の基本ですが、ズボラで適当な私はこれができていなかった…!

 

イースト菌と塩は触れないようにいれる

これはイースト菌だけ別の場所に入れる機種では当たり前ですが。
私の使っているハイローズは全部一緒の場所に入れるもので。
参考までに入れる順番。
牛乳→砂糖、バター、塩→小麦粉→イースト菌

イースト菌は一度開封したら冷蔵庫へ

日本では大容量パックで売っているので少量ずつ小分けにして冷凍しておくのだとか…
タイでは元から少量で売ってるし、冷蔵で十分でした。
冷蔵でもイースト菌が劣化するそうなので、たまにしか作らないという方は冷凍してください。
私は常温で売ってるから、開封後も常温で保存していました。反省。タイ語ちゃんと読めば書いてあるのかなσ(^_^;)

 

多めに入れる

私のホームベーカリーの取説にはこう書いてありました。
夏季は0.5g減らす
タイでは年中日本の夏季よね〜ということで、素直に0.5g減らしていましたが、ある日イースト菌を少し入れすぎてしまいました。
ズボラな私(笑)は多少の誤差は気にせずそのままスイッチオン。
初めてふっくら焼けました。

次からもイースト菌を少し多めに入れたら成功。
この取説の通りにしていたら永遠にふっくらパンが焼けないところでした…。
私がうまく焼けなかったのはイースト菌の量が足りなかったからでした。

まとめとお礼

  • 基本はレシピ通りに。
  • イースト菌と塩は別々に入れる。
  • イースト菌は要冷蔵。
  • イースト菌は多めに入れる。


ツイッターでうまく焼けないとつぶやいたところ、アドバイスいただいた方ありがとうございました。(1年も経っていて申し訳ない…まだ見ていただいているのかなぁ?)
このアドバイスの前日、イースト菌の分量を入れすぎて成功したのはいいけど、果たしてこれが正解だったのかわからなかったのですが、確信が持てました。

タイでホームベーカリー使っている方の参考になれば幸いです。