読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

スポンサーリンク

【モルディブ旅行②】シェラトンモルディブフルムーン&スパの紹介と小さい子連れにオススメポイント&注意点をまとめました。

こんにちは。
今回は私たちが泊まったシェラトンモルディブフルムーン&スパ、コテージの紹介をします。

他のモルディブ旅行記はこちらからどうぞ!

 

www.thai-kosodate-tyuduma.com

場所

Sheraton Maldives Full Moon Resort & Spa

f:id:hanisandayo:20170109002503j:plain

地図はこちら。

小さい子連れにオススメポイントはなんといっても空港から近いこと。スピードボートで15分ほどでした。

今季の年末年始HISのツアーで扱っていたバンコク発モルディブホテルは5カ所。その5カ所の中で空港から一番近い場所にあります。他のホテルはホリデイインが45分、フラヴェリが70分(水上飛行機45分)など、そこそこ時間がかかります。しかも、スピードボートはかなり揺れます。慣れていない人には船酔いがきついかもしれません。

 

 私たちが実際に宿泊したバンガロー

f:id:hanisandayo:20170107225533j:plain

海外のホテルは室内も靴(orスリッパ)が普通ですが、ここで室内に靴を持ち込むと部屋の中が砂まみれになります。外で脱ぐのがオススメ。

玄関を開けてすぐ左のドアが風呂場とトイレです。

f:id:hanisandayo:20170107221634j:plain

 

f:id:hanisandayo:20170107221705j:plain

 トイレの写真は撮り忘れました(涙)。全部外にあります。覗かれたら大変ですね(笑)。

歯ブラシ、コップ、シャンプー、シャワーゲル、泡立てネット完備です。シェラトンレベルのホテルだから当たり前か。

 

f:id:hanisandayo:20170107224930j:plain

ベッド。寝心地よかったです!

右側に見えるのは救命ジャケット。

撮り忘れたけど、左側にちらっと写っているのはポット。フォークやスプーンなど、食べる時に使うものがありませんでした。インスタントやレトルトなどご飯を持ち込むときは箸やフォークなども一緒に持ち込むことをお勧めします。

 

f:id:hanisandayo:20170107225340j:plain

日本語のテレビは「NHKワールド」だけ。正確にはNHKワールドは外国人向けチャンネルなのでほぼ英語ですが。紅白は放映していませんでした。
ちなみに、日本人海外在住者向けに「NHKワールドプレミアム」というチャンネルがありますが、そちらは紅白1日2回観れます。年越しを海外で過ごされる方、ホテルにNHKワールドプレミアムがあれば紅白と共に年越してみてください。

 

f:id:hanisandayo:20170107225848j:plain

海までは徒歩数分。

このベランダでパソコンを開き、ブログ更新をして、意識高いブロガーごっこするんだ♪と言って旦那にパソコンを持たせたはいいものの、一回も開かなかったブロガーは私です。意識高いブロガーにはなれませんでした(笑)。海で遊ぶと眠くって、子供の昼寝時間はほぼ寝てました。。。

一回やってみたかったんですけどねぇ。リゾートでMacBook Air開いてブログ更新。

f:id:hanisandayo:20170107225917j:plain

せめてごっこ写真だけでも!と思ったら、子供に邪魔されて全然撮れませんでした(笑)。

結局ベッドで寝そべってiPadでこの記事書いただけでした。あけおめ。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 ベランダを外から撮影した写真がこれ。

f:id:hanisandayo:20170106215108j:plain

ベランダには足洗い場があります。

海・浜辺用のサンダル、散歩用のサンダル(海に入らない)の2足あると便利です。浜辺を歩くだけでサンダルが砂まみれになるので、この洗い場で都度洗わないといけません。ロビーや食事を食べに行くのに濡れたor砂まみれのサンダルを履いていくのは気持ち悪いものです。ミニマリストだから〜と言って、1足しか持っていかなくて後悔したのは私です。

あと、子供用のサンダルはやはり1足は必要ですね…。13センチのサンダルってあまり売ってないし、すぐ履けなくなるしって思ってたのですが、買えばよかったです。

f:id:hanisandayo:20170107233908j:plain

左の浮き輪は私たちが持ち込んだものです。

真ん中左の水中メガネ、右側のシュノーケリングはホテルで貸し出してもらったもの。宿泊中、ずっと借りていてOKです。最終日に返却します。

 

なお、お部屋のクリーニングは1日1回来てくれます。

貴重品類は全て金庫に入れて、お部屋のクリーニングしている間にベランダから外へ出て遊んでいたら、ベランダの鍵を閉められて、部屋に入れなくなったアホはうちです。反省しています。

いつクリーニングに入っても大丈夫なようにルームキーは必ず持って行きましょう。当たり前か。

2階タイプのコテージ

f:id:hanisandayo:20170107230656j:plain

コテージには2階タイプ(どうも1階2階共に2室ずつあるタイプみたい)もあります。

2階から海を見下ろしたら気持ちいいだろうなぁ。

 

水上バンガロー

f:id:hanisandayo:20170107230739j:plain

おそらくモルディブと聞いて一番思い浮かべるのがこの水上バンガローでは。目覚めたら一面が海なんですよね。いいなぁ。いや、私たちが泊まったコテージだって雰囲気十分なんだから!

水上バンガローにしなかった理由は値段…もあるけど、子供が誤って海に落ちたら大変かなと思ったもので。うちの子海とかプール大好きなのです。真っ先に落ちようとするのです…。

f:id:hanisandayo:20170107231306j:plain

柵が低いのも気になるのですよねぇ。ちょっと分かりづらいですが、90センチ前の子供の腰の高さくらいなのです。簡単に乗り越えられると思う。

高かったら雰囲気でないのはわかるのですが。下が海だってわかってるから入りたそうにずっと海を見つめていました。

外から写真撮影するだけでも気分が上がるので、私たちは浜辺のバンガローで十分だったかなぁ。

シェラトンの子供用施設を紹介

シェラトンにも子供が遊ぶ施設があります。

f:id:hanisandayo:20170107231814j:plain

預けなかったからわかりませんが、ベビーシッターサービスもあるのですね〜。お値段がすごそうだ。

遊具はこんな感じ。遊べなかったので外から中の写真だけでも。

f:id:hanisandayo:20170107231835j:plain

 誰も遊んでいなかったし…。

 

f:id:hanisandayo:20170107234436j:plain

うちは部屋から遠かったので行きませんでしたが、子供用のプールもあります。

 

f:id:hanisandayo:20170108003803j:plain

朝食ビュッフェの時のベビーチェア。他の食事処でも同じものが使われていました。全ての食事で座るの拒否されましたが(涙)。

 

シェラトン(モルディブ)の子連れにオススメポイント

  • 空港から近い!
  • スタッフがみんなフレンドリー。
  • キッズチェア完備(食器は無さそう…??)。
  • モルディブ自体が子連れにやさしいビーチリゾート!
  • 子供が海で遊んで疲れてくれる(笑)。
  • 段差などがあまり無く、ベビーカーが使えます。

モルディブで子連れ向けリゾートとして一番有名なのはウォータープールなどの設備が充実しているホリデイインなのですが、まだ1歳なので大して遊べないから、やっぱり空港から近いシェラトンで正解だったかなと思いました。

私たち以外にも子連れたくさんいましたよ!ファランの子供がビーチで遊んでいる姿は本当に絵になるな♡と写真をたくさん撮ってしまいました(笑)。

 

子連れシェラトン(モルディブ)、ここに注意&こうすると楽しいかも?!

  • たぶん子供用のメラミン食器無し。(小さめのスプーンとフォークは出してくれました)
  • 2歳前くらいの子供が食べるものがあまり無さそうかな?食事は主に欧米系(メイン客がファランだからかな?)、タイ料理もあるけど何だか違うような気がしました。パンメインで白米はパサパサのものしか出てきません。パンは美味しいのですが、パン食べない子供ならきついかも?
  • ニューイヤーパーティーは19:30から開始。20:00就寝の子供には辛い…。
  • 浮き輪があると便利。砂遊びセット持っていけばよかったー!
  • ホテルの部屋によっては食事処やロビーから徒歩10分ほどかかります。ベビーカーはマストだったかも。(砂がタイヤに付くのが気になる方はNG)

 

次回は恐怖のモルディブの物価と私たちがホテルで使った金額を紹介します。