読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

スポンサーリンク

【交通事情】当たり前すぎて聞けない?!タクシー、シーロー、バス、船、ソンテウ(バンコク以外)ってどうやって乗るの?

こんにちは。

タイ・バンコクに来て、まず悩むのが交通手段です。

来タイ2日目とかでしたら、遠慮なく人に聞きましょう(笑)。問題は在タイ3年で「乗り物の乗り方分かんない」とか言ってる人です。そう。私です…。

実際の私の話なのですが、在タイ3年経ってから田舎からバンコクに引っ越してきました。田舎とバンコクの交通事情って全然違うのです。田舎にはタクシーもバスもシーローもBTSも無いのです。あるのは一時間に一本の国鉄とソンテウだけです。

田舎暮らしだった頃から、バンコクには週1ほどで(主に食料調達に)来ていましたが、当時は運転手さんがいました。…会社の奥様と共用だし、車の運転禁止・ガチ田舎暮らしですからお願い許して。

色々な事情でバンコクに引っ越してから、運転手無し生活になったわけですが、在タイ3年で「タクシー乗ったこと無い」とか言えません(苦笑)。

そこで、ネットでどうやって乗るのか?を調べる日々。マジで。人に聞けない(というか、バンコクにあまり友達が…ごにょごにょ)ので、非常に困りました。

そんな人のための(他にいるんだろうか…)「いまさらすぎて人には聞けない」交通事情の話をします。

 

 

タクシーの乗り方

https://www.instagram.com/p/BKo01cOhTBx/

ここの写真は渋滞している写真が多い(というかいつも渋滞してるのか)けど、渋滞していない写真も好き。マニアックかな。

(あまりタクシー写ってない!!!)

道端で停める→行き先を告げる→拒否されなければ乗る

乗ったらメーターが回っているか確認、変な道に連れて行かれないか地図アプリなどで確認しましょう。違っていたら「違う」アピール。

道端で停めるときは他の車に邪魔にならない場所がいいです。間違っても交差点の真ん中とかで停めようとしないように(実際に見たことがありますが、当然止まってくれません)。

どんな時に使う?

バスやシーローでは行けない場所へ行くときに使います。あまり遠くすぎたり、行きにくい(渋滞とか)場所だと拒否されますが、諦めましょう。この辺の感覚は何度か乗車すると分かります。

 

注意

変な道に連れて行かれることも多々あるので、夜は注意。夜じゃなくても注意。ボッタクられたら抵抗せずに大人しく払いましょう。外国で面倒なことには巻き込まれないのが吉。今まで私はぼったくられたことはありませんがトラブルになった話はよく聞きます。

おつりはもらえますが、あまり大きい額だと持っていないことがあるので、なるべくちょうどか、少なくとも100バーツ紙幣を持ちましょう。

シーロー

タクシーの乗り方は旦那氏に教わりましたが、シーローの乗り方は知りませんでした。

シーローというのは軽トラックのような乗り物。屋根がついた荷台に乗り込みます。スクンビット奇数側のアソーク〜トンロー辺りの方に重宝されている乗り物。ゆえに偶数側に住んでいる方やエカマイ辺りの方はあまり乗らないそうです。

乗り方

シーロー乗り場に行くor道端で捕まえる→行き先を告げる→(価格を聞く。だいたい決まっているので覚えているなら聞かなくてもOK)→屋根のついた荷台に乗り込む→着いたら降りて支払う

↓当初、こちらのブログにお世話になりました。ありがとうございました。

ameblo.jp

どんな時に使う?

シーローのおじさんは道をよく知っています。「ソイ39のラケットクラブ」とか「友人のコンド」などあまりタクシーが知らないような場所も知っているので、アソーク〜トンローまでのマイナーな場所に向かうのに使っていました。渋滞も回避できる人が多かったです。タクシーでも道を説明すればいいのですが、私はそういうの面倒なので(笑)。一応、どこに向かっているか?ぐらいは地図アプリで把握しておきましょう。

注意

同じく支払いは100バーツ紙幣以下で行いましょう。荷台なので当然暑い。子連れは子供が荷台から落ちないよう注意。あと、エルゴなどの抱っこ紐をしたまま荷台に登るのはしんどいので、頑張りましょう(笑)。

 

都市伝説なのか本物か知りませんけど、「シーローのおじさんと不倫している駐在妻」という話があります。バンコクに引っ越してシーローをたまに使いこなすまでの在タイ3年間、日本人御用達スーパー「フジ1」で集団でシーロー待ちをしている奥様方、皆様マイシーロー(=不倫相手?(笑)を持っているのかと思っていました。無知って怖い(笑)。

 

バス

ソイトンローを走るバス(赤バス)はこちら参照。 

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 慣れればソイ39とかよりもトンローの方が楽しくなりますよ…!(私だけ?)

 

赤バス以外のバス、スクンビット通りやスクンビットソイ21、ペップリーなどを走っているバスの話をします。

乗り方

バス路線図で行きたい場所と乗る路線を確認する→バス停に行く→停める→乗る→お金を払う→降りるバス停が近づいたらドアの上にあるブザーを押す→降りる

路線図はこちら→バンコク バス マップ

フリーペーパーのダコが出している、日系書店などで手に入る路線図もあります。

www.daco.co.th

 

どんな時に使う?

遠い場所でも料金が安い(7〜20バーツくらい)のが魅力です。また、BTSが通っていない場所もバスなら路線が通っているかもしれません。

 

注意

小銭があると便利。最高でも20バーツ程度なので(冷房あり無し、行き先で決まります)あまり大きい紙幣では支払わないように。

よくルート変更をします。ルート外もよく通ります。気づいたら変な道で降ろされることもあります(あった)。ゆえにちょっと上級者向けです。どこへ行くの?と聞いたり、変な道で降ろされても何とかできる自信がないと困るかも。

あと、乗り降りするときに車やバイクに注意。特にお子様連れはよく見てないと本当に危ない。

 

f:id:hanisandayo:20161113033659j:plain

写真はセンセーブ川を走る船より。センセーブ運河のボートの乗り方についてです。

乗り方

船乗り場へ行く→船が来たら乗る→座る→料金回収しに来たら払う→目的の船乗り場に着いたら降りる

 

どんなときに使う? 

プラチナムファッションモール、ワットサケットに行くときに使っていました。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 

船は渋滞が無いのが最大の魅力です。 

 

注意

落ちない、転ばないこと!!! (転んだ人がここにいます)危ないからエルゴでは乗らない。以上。

 

ソンテウ

f:id:hanisandayo:20160830021107j:plain

写真はパタヤのソンテウ。

ソンテウはバンコク以外で活躍しているバスのような乗り物。

乗り方

ソンテウのルートで捕まえる→行きたい場所に近づいたらブザーを押す→止まったら料金を支払って降りる

 

どんな時に使う?

スクンビット周辺ではあまり見かけませんが、それ以外の場所では交通手段として使われています。スクンビットを離れればバンコクでも使われています。田舎になればなるほどタクシーやバスは通っていません。私が住んでいた田舎では学生たちがぎゅうぎゅうになって通学する光景がその辺で見られました。(なぜその写真を撮らなかったのだろうか…)

パタヤやプーケットなどの観光地でも現役です。

 

注意

決められたルートにしか行かないし、突然降ろされたり、ルート変更したりします。乗る前に「○○へは行く?」と声を掛けると失敗する確率が低いかと。どのルートを通るか?は必ず確認しなくてはなりません。パタヤとかプーケットのソンテウの乗り方は詳しいブログを読むことをお勧めします。

 

パタヤのソンテウの話はこちらにも書いています。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 

他にもBTS、MRT、タイ国鉄、ミニバン、長距離バス(パタヤの記事参照↑)、友達の社有車(笑)にも乗りましたが、一つだけ乗れなかったのがバイタク。一応会社から禁止されていたもので。。。バイク自体は好きなので乗ってみたかったけど、バイタクの事故を何度か目撃しているので(転倒からの…以下略とか)怖いような。

 

スクンビット以外の交通事情は全く違います。だから、郊外から来た人には優しくシーローの乗り方を教えてあげてください。駐在妻がシーローと出来てる♡という都市伝説を信じている人には優しく99%の駐妻はできてないよ♡と教えてあげてください(恥ずかしい)。

当たり前すぎて聞けないアナタにこの記事が届きますように!