タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

【子連れOK!】C.Stylingで初級フォトレッスンを受けました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20171025235100j:plain


こんにちは。

みにまにとどちらに書くか迷うのですが、

「駐在妻のその後」という意味ではこちらかな?と思うのでここに。

 

バンコクでレンマイ写真教室に通っていた話をしました。

あれから1年経ち、レンズも替えたことない初心者が0を2ぐらい(適当)にできたという意味ではすごく良かったのですが、さらに上を目指したいと思っていました。

数回通っただけなので、「生徒です(ドヤ顔)」と言えるレベルではないです。

レンマイ写真教室の沖野先生に引き続き教えてもらいたかったのですが、私の住んでいるのは千葉で、日本での先生の活動場所は京都がメインです。遠い(´・_・`)

日本には子連れで行ける写真教室なんて無いので、写真教室に通うのは下の子が幼稚園に通うまでは無理かなと思っていたら、

元バンコク駐妻でプロカメラマンのChihiroさんが本帰国、東京で子連れOK(シッターさん付き)のフォトレッスンを開講されるとのことで、これはチャンスだと思って初級レッスンを受講してみることにしました。

 

目標

現在、私は細々とではありますが、ライター業をしておりまして、大抵の記事は写真込みで寄稿しています。

詳しくはこちら↓

寄稿実績および、ブロガーとしての実績 - 千葉で楽しく子育て中

 

ということは、サムネでクリックしたくなるような写真を撮ることも重要です。

 

撮影は観光・体験系以外は家で行うことが多いのですが、物撮りが超下手くそなんです…!特に料理。

 

あと、このレンズを使いこなせていないのも勿体無いと思っていました。

 

 

ミラーレス・一眼レフを持っている方は「単焦点レンズで撮って感動した!」ってよく言うでしょ?

こちらのズームレンズの方が撮りやすくて、全然使えていません。

 

 

  • 物撮りが下手すぎるのでなんとかしたい。
  • 他のライター・ブロガーと差をつけたい(せめて初心者を脱出できるくらいになりたい)。
  • 使っていないレンズを生かしたい。
  • 子供の写真を上手く撮りたい。

 

この辺りが目標です。

 

初級レッスンの内容は…?

私が申し込んだのは初級フォトレッスン4回コース。

cstyling

こちらの初級フォトレッスン1回分

カメラのレンズ、モードについて / 背景をボカすための基礎知識 / 写真の明るさの調整方法 / ブレない写真を撮る方法 / 写真の色味のコントロールの方法 

 プラス、画像編集講座を週1回2時間の4回コースでした。

 

ISOやF値やホワイトバランスなどの設定の仕方や、構図の勉強などがメインです。

最初は座学、後半はスタジオや公園などでの実践です。

オートを卒業した方には物足りないコースだと思いますが、私は本を読んでもどこをどうしたらいいか理解ができなかったので(苦笑)、知識の習得と実践ができてよかったです。

 

  • じっとしていない子供の写真をブレずに撮るにはどうしたらいいか?
  • 暗い場所で撮る時、どういう設定にしたらよいか?(実験では真っ暗な場所で子供の寝顔を撮ることができました。画質はダメダメですが)
  • 綺麗に室内撮りをするには?
  • 画像編集ソフトのLight roomの使い方の入り口

 

などが学べました。

今まで感覚で適当に撮って編集してたなぁ…というのがよく分かりました(笑)。

写真教室で画像編集ソフトの話までしてくれるのは珍しいのではないでしょうか。

 

どんな写真が撮れるようになったの?

宿題やワークショップの一例を紹介します。

あえて修正や加工はしていないので、少し見苦しいけど許してね。

 

ほぼ同じ場所から撮った写真です。

f:id:hanisandayo:20171206084540j:plain

 

f:id:hanisandayo:20171206084608j:plain

どちらがいいか(あと曲がってるっていうの)はさておき、背景のボケ具合が違うのがお分かりでしょうか。

その場でボケをコントロールすることができるようになりました。

 

壁に電球を貼り付けて

f:id:hanisandayo:20171206125338j:plain

 

私の飲みかけの麦茶(失礼)の背景がキラキラに。

f:id:hanisandayo:20171206125452j:plain

近くのものにピントを合わせると背景がボケるのはスマホカメラでもできるので、知っている方も多いはず。

 

あれをああしてこう設定すると、麦茶をどけてもこういう写真が撮れるように。

f:id:hanisandayo:20171206125711j:plain

(明るさ調整してないので暗めで失礼)

あえて玉ボケのみ写真。

オートやスマホカメラではこの写真を撮れないと思います。

この知識はこれからイルミネーションを撮るときに使いたい!

 

1回コースと4回コース、どちらがいいの?

1回でやってくれた方がいいじゃん!と思われるかもしれませんが、

4回コースは公園やスタジオでのワークショップ(実践)や授業に沿った宿題が出され、Chihiroさんに自分の写真を見てもらえたり、悩みを相談できたりします。

プロに自分の下手な写真を見てもらうのは恥ずかしいと思いがちですが、見てもらって講評をいただかないと上達しません。

インスタやブログで全世界に写真を公開していますが、誰も「○○が気になる」とか「ここをこうするといい」なんて言わないですからね(笑)。

 

もちろん1回コースよりは割高ですが、週1回プロに写真を見てもらえるのはよかったです。

宿題をやっている過程で気になったことも聞けましたし。

 

例えば、この写真。

f:id:hanisandayo:20171123203807j:plain

端に行くほど窓枠が歪んでいるのが気になりませんか?

歪みすぎてて編集アプリでも直せませんでした。

どうしたら歪まないか?これはどうやって撮ったらよかったのか?を解説してもらいました。

 

宿題やワークショップで自分の写真を見せて講評をもらいたい・悩みを相談したい方は4回コース、時間無いし知識だけでいいかなという方は1回がよいと思いました。

私はもちろん前者です。

写真は練習しないと上達しないので、これからもっと練習せねば!

 

まとめ

単発レッスンやスマホカメラレッスンも対応しているそうなので、よかったら覗いてみてくださいね。

子連れOK(シッターさん付き)フォトレッスンはなかなか無いので、子供が小さいけど学びたい方も是非!

 

詳細はこちらへ↓

https://www.c-cstyling.com

 

最後に私の話

千葉からスタジオがある渋谷まで通うのは大変でしたが、撮影テクニックは向上したし、インスタを見てくれている方とも出会えたし、自分のやりたいこと・なりたい方向も見えてきた4週間でした。

インスタはやってる意味あるかなぁ…と思い始めてきたので本当に嬉しかった。

実はChihiroさんのことを知ったのは元々はここの読者さん…もとい友達からの情報だったし、ブログをやっていなかったらレッスン受けようと思うくらいに写真にはまらなかったかもしれない。

 

あらためて、このブログを読んでくれた皆様に感謝です。

 

こんな感じで今後もたまーーーーに更新する…かも!