タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

【レンマイ写真教室の紹介・感想】バンコクにいるからこそ、写真教室に通ってみよう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

この記事、今でもよく読まれていて、「共感しました」って言われます。

バンコク駐在妻なのに習い事をしていない理由〜興味無い習い事は絶対しない! 

グーグル先生で「バンコク 習い事」って検索すると上の方に出てくるのはちょっと申し訳ない記事です…。

私は興味無い習い事はしませんが、これを書いた後興味ある習い事を始めました。それが写真教室です。(もうバレているとは思いますが)

 

レンマイ写真教室

私が通っていたのはバンコクで一番有名な写真教室「レンマイ写真教室」です。

 

YUTAKA'O WORLD 〜沖野豊の世界〜

 

内容は座学+実習。座学は初心者講座から構図の取り方、よろず相談、講評(写真を実際に見てもらう)など。実習は公園やお寺やアユタヤなどの観光地などで行います。

先生は数ヶ月に1回、来タイしています。滞在する1週間〜10日ほどの日程で講座が開かれます。一度先生にメールを送ると定期的に開講日程を教えていただけますが、おそらく割と先の日程まで決まっているのではないかなぁ。

全くの初心者(私)から、上級者、有名ブロガーさんがいたりして(勇気が無くて声は掛けられませんでしたが)、色々と刺激になりました。すごくアクティブな方が多かったです。もしかしたら、私の正体も薄々バレていたのでしょうか(笑)。

 

料金は1講座1000バーツ、いくつでも受講できるフリープラン2500バーツです。 決して安いわけでもなく、高い方でもないと思います。日本で写真教室に通おうと思うと5000円くらいは普通ですから、むしろ安い方なのではないでしょうか。駐在妻の習い事でも1000バーツ以上するものはたくさんありますし。

都合がつくかどうかにもよりますが、3回以上受講してフリープランにするのが一番かな。

 

通ってよかった!と思うこと

写真の技術が上がった。

一番はこれ。

「本とかネットで勉強してから通った方がよかったのかな」と何ヶ月か迷っていたのですが、当時の自分に「今すぐ通え!!」と言いたい。

特に実習は参加しまくるべきだと思う。

先生や生徒さんと一緒の場所、一緒のものを撮って、あの人はこの角度から撮ってるとか、これはこういう設定で撮ればいいとか…すごく勉強になります。本やネットで見るのと全然違います。本やネットでも設定方法は書いてあるけれど、同じものは撮れませんから。

特に「子供を撮る実習」がよかったです。残念ながらその時に持っていたカメラが壊れているわ、子供がぐずってるわでその実習では微妙な写真ばかりですが(笑)、子供を撮るテクニックがすごく上がったと感じました。ここに書きたいぐらいだよ(笑)。

色々な写真が見られる

みなさんの写真を見ているとこういうの撮りたいなって思います。写真の上達に欠かせないことは「知識」と「センス」と「写真を撮りまくること」と「写真を見ることなんだな」と思った。

全部足りないので頑張ります。

 

何気ない風景がアーティスティックに映る

ここをこう撮ったらいい写真になりそうだなってことを毎日考えるようになっています。何気ない田んぼの風景、ただの雑草、近所の公園…これはもう病気かもしれない(笑)。

 

色々な人と話ができて刺激になる

適当な世間話を交えつつも1〜2時間ただ写真を撮り続けるための時間はかけがえのない時間でした。

また、来ている方も色々な人がいまして。書いていいのかわからないから濁しておくけど(笑)。

私が普段話す相手はよくも悪くも「子供がいる駐在妻」になってしまいがちなのですが、他の世界・趣味を通して知り合った方に触れるのストレスも解消できました。私はどうしても「母親」という属性が一番になってしまうのですが、母親ではない何かになれたというか。

子供がいる方とのお付き合いもそれはそれで楽しいのですよ!(ありがとうございます)

 

どんな写真が撮れるの?

超初心者が3、4回実習に通って撮ったものです。超初心者ですから、温かい目で見てください。

 

@ベンジャキティ公園にて。初めての実習参加でした。

f:id:hanisandayo:20170426125623j:plain

 

@バンコクアートアンドカルチャーセンターにて。初めてモノクロ写真というものを撮りました。

https://www.instagram.com/p/BNHWENBhpBm/

7階ぐらい(適当)から。ちなみに9階は登れませんでした。#bangkokartandculturecentre #9 #๙ #バンコク暮らし #タイで楽しく子育て中

 

@Cieloにて。この時既にカメラが壊れていた。 GF7のジオラマモードはやっぱり綺麗。

https://www.instagram.com/p/BN9NmAFB9Pm/

月が綺麗だけど、カメラが壊れてて上手く撮れないので、前に撮った夜景でも。ジオラマモード楽しい。#プラカノン #พระโขนง #夜景 #motorway #ジオラマモード #バンコク暮らし #タイで楽しく子育て中

写真教室の紹介なのに写真載せないのはどうよ?と思うから載せたけど、これで「写真教室通いました!」ってドヤ顔するのは正直恥ずかしい。生徒さんの中にはすごい人がたくさんいるんです。

というわけで、こんな写真が撮れるよ!っていうのは、他の有名ブロガーさんにお任せします。「レンマイ写真教室」とかで検索を(笑)。

よくある質問?(私が受講前に疑問に思っていたこと)

1回行っただけで上手くなる?

ならない!…いや、なる人はなるの?

正確に言えば「行かないよりは上手くなる。ただし、もっと上を目指したくなるから1回だけでは満足しない!」かなぁ。教室に行って、その教えを参考にして何枚も写真を撮り続けないと上手くなりません。どんな習い事もそうですが「長くやり続けないと上達しない」。

特に駐在家族は数年で引越しをしてしまいます。レンマイ写真教室は数ヶ月に1回の不定期開講なので、次回は3ヶ月後ということもあります。迷っている暇があれば今すぐ参加を!

私の一番の心残りはこの教室に1年通えなかったことです。

子供を預けることができません…。

と言うと、先生は「連れてきちゃえばいい」と言ってくれます。本当は旦那に子供を預けて行きたかったのですが、そういう日に出張とか一時帰国とかしやが…げほげほ…お仕事があるので、実習はほぼ子供連れで参加しました。

私は預けて参加しましたが、座学も子供NGではなさそうです。

とはいえ、おもちゃがあるわけでも誰かが子供を見ててくれるわけでもありません。そして子供がグズった時は退席したり、他の誰かの邪魔をしないか見ていないといけません。カメラ触りだしたらアウトすぎるし…。

個人的には子供NGではないけれど、お金払って行くのだからなるべく預けたほうが身にはなるかなという印象。

でも、「子供がいるから参加できない!」と思っている人には「諦めないで飛び込んでみようよ!」と言いたいです。

 

コンデジ、スマホしか持ってません。

参加者は圧倒的に一眼レフ、ミラーレス一眼を持っている人が多いです。でも、コンデジやスマホでの参加も可能とのこと。

 

初心者です。

初心者だからこそ、写真教室に通ってみてほしいです。先生や他の人の写真を見ると刺激になるし、写真の撮り方がわかるようになります。

私はレンズの替え方をこの教室で教わったぐらいの初心者でした(笑)。いつも旦那氏にやってもらってた。

 

タイにいるからこそ、写真教室に行った方がよい4つの理由

タイならではの写真が綺麗に撮れるようになる。

期間限定の海外生活ということで、色々と出かけている人も多いハズ。出かけた先で素敵な写真が撮れたら楽しいですよ!

 

写真展を開くことができる。

レンマイ写真教室の生徒による写真展が年1回開かれています。日本でこういう機会は費用とか費用(適当)でなかなか難しいんだそう。やってみたかったなぁ。

 

フリープランなら格安。

何度受けてもよいフリープランなら2500バーツ。習い事としては決して安くありませんが、写真教室がこの値段で受けられるなら安いと思う。

 

子連れOK?(NGではない)

融通が効くのもタイならでは。日本で子連れNGでない写真教室なんて滅多にありませんよね。

 

他にも写真教室あるらしいので、興味があれば是非行ってみてください!私ももっと練習せねば!