タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

4年間のタイ駐在妻生活で本当にいらなかったもの・使わなかったもの【6選】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20170612234132j:plain

こんにちは。


私は定期的に断捨離をするのが好きです。物が少なくなるとスッキリするので。
ミニマムな暮らしを目指しています。
4年間の駐在妻生活を振り返って、日本から持ってこなくてよかったものを整理しました。

ヒールのある靴、ビーチサンダル

バンコクというより、タイは道がガタガタです。
舗装されているけど、ガタガタです。
ヒールのある靴で歩くのはなかなか厳しいです。
今は特に子供を抱っこするので、ガタガタ道を歩いて転んだら大変です。
私が実際に持って行って後悔したのはこのサンダル↓
 

南国だからこういうの履いてるって思ったんだよー!ビーサンが欲しければ適当にビックシーで買えばいいと思います。

本帰国になるからといって、慌ててMUZINAへ買いに行ったのですが、はき心地が素晴らしくって、さっさと買っておけばよかったと思いました。

綺麗めの服

バンコク駐妻はカジュアルな格好が多いです。
ブランド物持って、ネイルして、髪の毛巻いて、アクセもオシャレで綺麗めの服にハイヒール履いて、おほほほほ駐妻ですわ!ってやってるんでしょ?
 
と本気で思っていた私(笑)。
最初に社宅の集まりに招待された時、頑張って綺麗めな格好をしていきました。
黒いシックなワンピースに2万円のネックレスとイヤリングを付けて足元はもちろんハイヒール。
これで、おほほほほ駐妻ですわ!の仲間入りだ!!
と思ったら、全員カジュアルだったので、浮きました…。空気読めー。
 
そもそも、仮に私のイメージするおほほほほ駐妻が大半だったら馴染めなくて1ヶ月で帰国してたんじゃなかろうかという(笑)。
ちなみに、検索で「ブランドバッグ 駐妻」でこのブログにたどり着いた方もいるらしいですが、ヴィトンやエルメスクラスのブランドバッグ持っている駐妻なんてあまりいません。(いないわけじゃないけど…)
だって、引ったくられちゃうよ。
 

ストール

ストールすると、汗疹ができるようになったので全部捨てます。
 

緑茶

よく日本からのお土産でもらいます。
賞味期限前に飲みきれない…。暑いから熱いお茶飲みたくないし、子供がいると麦茶になってしまいます。お願いだから、緑茶だけは持ってこないで欲しいと思うレベル。(すみません)
 

電化製品

我が家は200Vが主流です。
日本から持ってきた電化製品(100V)を200Vのコンセントに挿すと壊れる。
さよなら1万円のアイロン、2万円のフードプロセッサー!!!(涙)
 
変圧器を使えば、日本の電化製品も使えますが、その分変圧器を用意しなければならないので、自分の住まいが100Vか200Vか確認してから家電は持っていくか検討した方がいいです。
 
 

結婚式用のドレス

タイの結婚式では日本のようなドレスは着ません。場所にもよるとは思いますが。
そうこうしているうちに、子供が産まれ、オーバー30になり、ピンクの花が付いたドレスはどうかな?となってしまいました。日本に帰ってからメルカリ行きにしましたが、タイで一回も着なかったのでさっさと処分すればよかったです。
 
ミニマムな生活を目指して、まだまだ断捨離中です。といっても、世のミニマリストさんたちと比べると物を残している方ではございますが、必要なものは必要だよね!ということで。