タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

【読者の皆様に感謝!】Dacoに当ブログが掲載されました〜私が好きなタイ・バンコクのフリーペーパーの紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

まず、ここを読んでいる皆様にお礼を。

タイのフリーペーパー、DACO最新号「続 駐妻白書」に当ブログが載ったそうです

私自身はアンケートを書いておりません。だって、もう駐妻ではないので…。そもそもアンケート自体どこでやってるのか知りませんでした。

というわけで、完全にここを読んでいる皆様のおかげです。

ありがとうございました!!

 

本帰国したので恐縮ですが、自分のブログが有名ブログと同じ紙面に載ってて、アンケートで書いてくれた方がいるなんて本当に嬉しいです。

本当にありがとうございました!!!!!(大事なことは何回も!)

私はブロガーの中でもそこまで意識高く無いし、毎日更新して情報量もたくさんあるブログなんてごまんとあるから、まだまだだと思ってます。ブログは結局は自己満足の世界だと思ってますが(笑)、読んだよって言われることや、こうして評価されることが非常に嬉しいんです!

これで完全にブログタイトル変えられなくなりましたけどね…(もうぼっちじゃないし、「タイで子育て中」でもないからずっと変えなきゃって思ってた)。

今日は私の好きなフリーペーパーの話をします。

 

 

定期的に読んでいたフリーペーパーは2誌のみ

といっても、私の読んでいるフリーペーパーは2誌のみです。SNSやどなたかが話題にしていたらもらってくる程度。いずれも定期購読はしていませんでした。

来タイ当初はフジスーパーに行ったら全種類のフリーペーパーをもらっていましたが、かなり溜まるし、載っている店がかぶってい…げほげほげほ。好きな雑誌好きな特集のみをもらうようになりました。

 

DACO(ダコ)

f:id:hanisandayo:20170425165302j:plain

 

やはりDACO(ダコ)がダントツです。

って、載せてもらったからではないですよ(笑)。バンコクのフリーペーパーとして一番最初に目にしたのがダコです。というのも、先にタイに赴任していた旦那が何誌か持っていたからです。他のフリーペーパーの存在はあまり知らなかったのではないかなぁ。そもそも旦那…というより、男性が好きなフリーペーパーってダコかWISE(ワイズ)だと思います。

 

おそらく一番最初に目にしたダコがこの号。

第321号 2011年9月20日発行 特集 地名を知ればこの国が見える?タイ国県名ものがたり前編 

先にタイへ行っていた旦那氏を追いかけて(?)、下見旅行へ行ったときに持ち帰ったもの。日本語のフリーペーパーあるなんてすごい!!!と思った記憶が。しかも全編カラー。

既に手元に無いので内容はちょっと覚えていないのですが、タイ語も習っていないし、そもそもタイ自体よく知らない私には、よく分からないなと思った記憶がある(笑)。今ならもう少し理解できたんじゃないかな。

 

一番衝撃だったのがこの号。

第356号 2013年3月5日発行 特集 帰ってきた! マナオ白書2013 現代タイ女子大生事情 

タイ人女子大生と知り合うことってなかなか無いですから(笑)。

 

今でも取ってある号がこの2冊(写真)。

第338号 2012年6月5日発行 特集 バンコク夕景スポット案内 マジックアワーを撮る! | 

第396号 2014年11月5日発行 特集 バンコクの高みで 20階以上のルーフトップ㊤ 

第338号は先輩奥様にいただいたもの。バンコクでこんな写真撮れるなんてすごいと思いました。どのポイントからどうやって撮るか?という情報も載ってたのです。夕景写真、結局全然撮れなかったのですが…。写真教室に通おうと思ったきっかけはこの号でした。(写真教室の話、そのうち書きます)

 

396号はルーフトップバーに写真撮りに行きたいいい!!!夜景見たい!と思ったので取ってあります。残念ながら下がどこにいったのか見当たらず。

 

ダコの好きなところはスポンサーに合わせた特集ばかりではないところ。

いや、無料広告ですから、広告やスポンサーが大事なのは分かるのですが、他の雑誌がやるようなおしゃれカフェや居酒屋の特集ってブログやフリーペーパー内の広告で十分かなと思うところもあり。そんな中ダコだけは「ぶらりバスの旅」とか「屋台特集」だの「駐妻白書」とか一部にしか需要が無さそうなテーマをやっちゃうところが好き。

 

すごく余談ですが、2015年5月号FRauのバンコク特集、先日図書館で借りてきて読んだのですが、在住者が書いたのかちょっとディープな話題も入ってて面白い!と思ったら、その記事の協力者さん(?)がダコ編集部の方でびっくりしました。電子書籍で買おうと思ったら無いのが残念…。

2016年8月号もオススメなのですが、こちらも電子書籍・新品共に購入できませんね…。

フリコピ

f:id:hanisandayo:20170425165502j:plain

バンコクのカフェ、ランチ、美容院情報いっぱい | フリコピ -furicopi-

フリコピの地図及び路線図には非常にお世話になりました。ipad miniと一緒のサイズでショルダーにいれられるサイズなのがありがたいのです。「歩くバンコク」とセットで持ち歩いていました。地図は紙で見たい方にオススメ。これも下見旅行で初めて目にした記憶が。

 

あと、何と言っても大好きなマムアンちゃんが載っている!!!日本語訳付きで!毎月楽しみにしています。

マムアンスック | フリコピ -furicopi-

本当に大好きなのが#63と#64。

マムアンスック タム君が描くタイの日常 #63 

マムアンスック タム君が描くタイの日常 #64

絶対63→64の順で読んでほしい。

63はほぼモノクロで64で少し色がついて、65で通常通りカラーになっているのが本当にいい演出。

これ電子書籍化しないかな。今の所ブログで全部読めますが、本で欲しい。ここに読者がいるのでお願いします(笑)。