タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

元駐妻さんインタビュー番外❶【前編】海外からの保活を成功させるには?!

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20190111104320p:plain

小さい子供がいる駐妻さんだと、保育園に子供を預けられるかどうか?も重要なポイントです。

今回は海外からの保活を成功させたMさんに、成功させるためのポイントをいくつかインタビューしました。

 

この記事を読んで欲しい人
  • 小さい子供がいるけど、海外から保活を成功させるポイントが知りたい!
  • 海外在住の保活は日本在住の保活と何が違うの?
  • 保活予定だけど、どうやって動いたらいいかわからない!

 

実は、私もこの秋保活デビューしました。ものすっごく大変でしたよ(涙)。

 

Mさんの仕事復帰・お子さんの入園時期は?

f:id:hanisandayo:20190111104341p:plain

海外からの保活って、何から始めていいかさっぱり分かりません(涙)。
先日、私も保活をしましたが、想像以上に大変でした。

 

日本の子育てについて、何の知識も無い状態でしたが、早めの情報収集で乗り切りました。

 

早めの情報収集(メモメモ)。「保活は情報戦」とも言いますからね。
Mさんはいつから入園・仕事復帰をしましたか?

 

2017年12月帰国、2018年4月入園および(休職からの)仕事復帰をしました。
大変でしたが何とかやりきり、現在は仕事を頑張っています。
私の保活について、お話しますね。

 

よろしくお願いします! 

 

元駐在妻の保活の流れは?日本に住む人との違い?!

どのような流れで保活を進めましたか?住む家(自治体)は決まっていたのですか?

 

私たちは日本に家を残していたので、住む場所は決まっていました。

 

Mさんの保活の流れ

2016年

ネットで情報を集める(10月)

 

2017年

電話(5月)→書類取り寄せ(5月)→見学予約(8月)→見学(9月・ご主人の出張に合わせて)→申込(11月)→申し込み後に帰国(12月)

 

帰国した2018年1月以降は日本在住の方と同じです。
問い合わせ関係は新年度の動きが落ち着いたと予想される時期にすぐコンタクトしました。

  

2018年4月入園のために、2016年10月から動き始めていたのですね。入園の1年半前!

 

海外からの保活、ネットで収集すべき情報とは?

2018年4月入園のために、2016年10月から情報を集め始めるなんて、ずいぶん早いですよね…?

 

保活自体は2017年秋からスタートですが、1年前の様子(2017年4月入園の人たちがどう動くか)をシミュレーションしたかったからです。

 

確かに。スケジュールなどが、あらかじめ分かっていると動きやすいですよね。

 

2017年2月に一時申込の結果や倍率が出たので、どこの園がどの程度の倍率なのか、実際に入れそうなのかどうかが見当つきました。

 

Mさんの希望する園の倍率はどうでしたか?

 

第1は倍率が高かったですが、第2、第3はそうでもなく、「どこかには入れるだろう」という安心感を持つことが出来ました。

 

保活の一番の敵(?)は「入れるか入れないか不安」というところですから、前年の情報を得るだけでも安心できますよね。

 

うちの自治体は第3希望まで書くのですが、このときの倍率を見て、記載順序を考えました。第2と第3の記載順序を迷っていましたが、実質きっと第3に書いたところにはならないだろうという予想がついたので、第2、第3の見学ポイントを詰めることが出来ました。

 

記載順序も保活の重要ポイントですよね。順序を変えるだけで落ちるかもしれませんので…

 

第1にきっと受かるだろうという予想が立てられたら、第2、第3をあんまり真面目に見たり問合せしたりすることにはならなかった気がします。

 

希望する園の倍率や待機児童の情報は、保活をするにあたり最重要ですよね。

 

こういう生の情報は、合否発表(?)の直後に一瞬しかWebでも掲載されないので、もし余裕があるなら、前年の様子を伺っておくといいと思います。

 

そうそう。来年になるとURLが上書きされてしまうのです。びっくりしました!

 

ご近所にママ友とかがいた人は、その方に聞けばいいのかもしれないですけど、第一子出産から海外だったので全く聞く相手はいませんでした。

 

海外で子育てをすると、日本で子育てをする知り合いがいませんよね。
ママ友などから情報が得られない点が、海外保活最大のデメリットだと思います。

 

海外に住んでいる間にやっておいたほうがよいこと

海外に住んでいる間にやっておいたほうがよいことを教えてください。

 

「住んでいる間に」というくくりでいうと、もし可能なら、最後の一時帰国か出張時に、日本の携帯電話を契約すると後々便利です。
保活以外にも役立ちますよ。

 

わかります。家探しの時にも便利でした。お金はかかってしまいますが…

 

保育園によっては、電話で問い合わせする必要があり、電話代がかなりかかってしまいました。
早めに割引プランなどを調べておけばよかったです(涙)

夫婦の収入関係の書類は、海外にいる間に用意しました

私は申込の半年前(=入園の約1年前の5月)に市役所の問い合わせフォームからメールをして「保活に必要な書類」を聞きました。メールでやりとりができてありがたかったです

 

なんでもかんでも電話だと、お金だけでなく時差もあって大変ですよね…。

 

ただ単純に、市役所に「入園申込に必要書類を教えてください」と言われても、税関係の書類については言及されないことが多いかと思います。
「海外在住だったのですが、通常に加えて追加で必要な書類はあるか、どんな内容が必要か」という質問しておくとよいかと思います。

 

役所の方は質問すれば答えてくれますが、わざわざ海外在住だから〜と特別親切に教えてくれませんよね。
(どちらかというと、我々はイレギュラーな存在ですから)

 

あと大切なのは、収入関係の書類について調べておくことです。
自治体は前年の納税額を基準に保育料を計算しますが、海外から転入するとそれができません。
そのため、一般の方は必要のない「収入の分かる書類」を追加で求められることが多いと思います。

 

海外在住だとその期間は日本に住民税を払っていないので、収入の証明が少し面倒ですよね。
(日本に住んでいる方は住民税証明書のみでOKだと思います)

 

特に旦那さんの「収入の分かる書類」ですが、現地法人からの証明になるのか日本法人からの証明になるのか、もし現地法人なら現地にいるうちに取り寄せるべきです。
またそれにどのような項目が必要なのかは市役所に確認しておくべきです。そして発行までの所要時間も。

 

旦那さん・Mさんそれぞれの「収入の分かる書類」はどのように準備しましたか?

 

まず、私の「収入の分かる書類」ですが、職場の繁忙期を避けた8月に、収入についての証明書発行依頼をしました。

 

旦那さん側の書類はどうしましたか?

 

旦那の職場(海外)に「前年の収入についての書類が欲しい」と言ったところ、日本の担当部署からそれが現地勤務先を通じて送られてきました。項目が少なくて不安だったので、PDF化して自治体担当部署に送って確認してみたところ、OKと言われました。

 

申し込み開始前にそこまで確認しておくなんて、素晴らしい!
申し込み開始後だと、窓口が混雑しますから時間かかりそうですよね…。

 

 

あとは、住所欄の書き方を確認しておきましょう。
いつ時点での住所を書くべきなのか、不明点は役所に事前に確認しておいた方がいいです。

 

間違っていたら書き直すのが大変ですからね(涙)

 

申込書が配布されてからだときっと電話もつながりにくくなると思うので、その前にとにかく予想される問い合わせ内容は市に確認しておくとよいですよ!

 

日本在住でも書類関係は大変だったし、何度も問い合わせをしました。海外から保活をするなら、なおさらだったと思います…!

 

番外❶海外からの保活!前編まとめ

  • 動き始めるのは前年10月頃から。1年前からシミュレーションしておくと有利。
  • 特に、倍率や待機児童の情報は翌年には上書きされてしまうので、前年にチェックしておくこと。
  • 一時帰国で日本の携帯電話を契約しておくと便利。
  • 収入関係の書類、住所の記載など、申し込み前に不明点は早めに確認を。

 

 続きは後編で!