タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

元駐妻さんインタビュー❸国立大学職員として勤務中のOさん

スポンサーリンク

f:id:hanisandayo:20180920214829p:plain

元駐妻さんに、現在の働き方についてインタビュー。

仕事を退職(休職)して海外に住み、本帰国した元駐妻さんはその後どうしているのでしょうか?

先週は引越しもあり、ちょっとお休み。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

(実質1回しかやってないというのに、すみません!
インタビューにご協力いただいてる方にもご迷惑おかけしました…)

 

3回目は、国立大学職員をしているOさん(仮名)にお話をしていただきました。

 

この記事はこんな人にオススメ
  1. 駐在妻が復職するにはどうしたらいいの?
  2. 旦那の仕事で海外駐在が決まったけど、退職・休職してついていくか迷っている。
  3. 元駐在妻の体験談を知りたい!

 

前回の記事はこちら。長くなったので前後編に分けてます。

www.thai-kosodate-tyuduma.com

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 

 

Oさんプロフィール

f:id:hanisandayo:20180920214850p:plain

国立大学事務職員をしていましたが、ご主人のアメリカ転勤により、休職。

4年9ヶ月滞在したのち、2017年年末帰国しました。

ほぼ5年の休職は2回の育休でつなぎ、2018年4月〜国立大学事務職員として、育児短時間勤務で復帰しています。

会社と復帰時期の交渉・調整で苦労したことはありますか?

帯同前やアメリカ在住中に会社と復帰時期の交渉・調整などがあったと思いますが、交渉で苦労したことがあれば教えてください。

 

幸せなことに、特にありませんでした。

 

国立大学は2014年から法人化されてるので、公務員とは制度が違うのですよね?大学ごとでも違うのでしょうか?

 

ざっくりいうと「公務員と大体同じ」なのですが、
厳密にいうと全く同じではありませんし、大学ごとに少しずつ違います。

 

Oさんの事情や、休職制度などに理解ある職場だったんですね。

 

そうです。ただ、その時の環境、人によるとは思います。
多分どんな職でもそうではないかなと……

 

確かにそうですよね。
私の周りでの復帰した方を見ていると、元々の環境もそうですが、産前の勤務態度や評価が左右しているように思います。

 

本帰国後、大変だったことは?

本帰国後、お仕事面で大変だったことを教えてください。

 

これも正直、ありがたいことに特にありません。
人と環境に恵まれたことに感謝する日々です。

 

不安に思っていたことは?

強いて言えば休業期間が長すぎて、以前の私の仕事ぶりを知ってる人がいないことでしょうか。
育休前の私は、「特別目立って優秀なわけでもないけど、きちんと誠意を持って仕事に取り組む人」くらいの印象があったと思っているのですが(多分…願望!?)

 

(インタビューのやり取りをしていて、私も「誠意を持って仕事に取り組む方」なんだろうな〜という印象を持ってます)

 

それを知っている人の多くは5年の間に他部署に異動してしまっていました。
なので、これから一緒に仕事をする人がどういうイメージで私を迎えてくれているのかがわからず、不安でした。

 

全く初めての人と一緒に仕事をするのは不安ですよね…。

 

「仕事したくなくて5年も休んで、やる気なくて短時間勤務で、アメリカかぶれ風ふかすんじゃないかコイツ……」
と警戒されてたらどうしよう?!という心配がありました。

 

私も帰国当初は外国かぶれしてないか、気を遣いました。
元駐妻……いや元海外在住者あるあるかもしれません(笑)

 

職場復帰に向けてやっていたことは?

アメリカ滞在中に、職場復帰に向けてやっていたことはありますか?

 

正直特にありません。というか、そんな余裕がなく……。
私たちが住んでいた場所は大学街でもあったので、復帰後の仕事(大学職員)でも生かせるかな?と興味を持っていろいろ見てみました。

 

Oさんが大学街でやってみたこと

  • 受験生向けのキャンパスツアーに潜り込む。
  • 近所のコミュニティカレッジ(公立短大)の外国人向け英語クラスに通い、「外国人学生」を経験し、学位取得を目指す多国籍の若者達と交流する。

 

とてもいい経験になりました!

 

やっておけばよかったことは? 

帯同中、やっておけばよかったことはありますか?

 

「今、やってけばよかった」と思うことは特にないのですが、「実践してよかったこと」は、積極的に友達を作りに行かなかったことでしょうか。
でもこれは性格によるし、少数派だと思います(笑)

 

私も友達があまりおらず…(田舎暮らしだったというのもありますが)。
積極的に作りに行ったのはこのブログを立ち上げてから(=残り1年くらい)でした(笑)

 

 

慣れない海外生活を経て…変わったことは?

駐在生活を経て、自分が変化した部分はありますか?

 

流されることなく先入観なしに全てを調べて自分で動いたので、とても逞しくなれた気がします。
行動を起こすスタートダッシュは遅くなりますが、アメリカでの育児の土台をしっかり作ることができました。
私は第一子出産の時点から海外だったので、日本ではできない育児ができたと思います。

  

本帰国後の働き方に悩んでいる、現駐妻さん、未来の駐妻さんに伝えたいことはありますか?

私ごときに伝えられることは特にありません…

 

(Oさん、それじゃ終わっちゃうのでもう少し! 笑)

 

あえて言うなら仕事云々に関わらず、自分の気持ちをきちんと理解しておくこと、でしょうか。
駐在妻も帰国妻も、世の中から見たら必然的に「少数派、マイノリティ」になります。「多数派、マジョリティ」で順調に生きてきた優秀な方こそ、面食らうかもしれません。
そのときに狼狽えないための「自分の芯」は、持っておいていいかなと思います。

 

貴重な体験談ありがとうございました!

 

Oさんインタビュー まとめ

  • 使える制度は周囲と相談しながら使う
  • 自分で何でも調べてやってみる
  • 海外在住だからこそ、できる経験をしてみる
  • 自分の気持ちや、自分の芯を理解しておく

本帰国後、どの選択をするとしても、自分の気持ちが一番大事ですよね。

Oさんは謙虚ですが、大学に潜り込む勇気(と語学力)がある優秀な方だと思いました。
この記事を確認いただく際、私の誤認&誤字を丁寧に訂正していただき…反省してます

本業もあるのに、ここまでしていただいてありがとうございました!

お知らせ

次回のインタビューは28日11:00更新予定です。

 

インタビューにお答えいただいた方には、私からの気持ちとして薄謝をお渡ししています。

この企画自体はマネタイズできるものではないので、書けば書くほど赤字となります…!あと、私の仕事時間もかなり削れて…げふんげふん。

読者のみなさま、よかったなぁ〜と思ったら、少しでよいのでサポートいただけると助かります!私自身も続けやすくなります。

詳細はこちらにて。

polcaもnoteも匿名でサポートできる仕組みですので、ご安心ください。