タイで楽しく子育て中!!〜ぼっち脱出計画?

2017年本帰国しました。タイ・バンコクで子育てしていました。駐妻、子育て、海外渡航、セール、旅行、たまにランチ情報など。

ワットサケット(黄金の丘)へ行ってきました〜2016年は例年の儀式がありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。

もう先々週になるのですが、私の大好きなお寺の一つワットサケットへ行ってきました。

なんと、カメラを忘れたので、iPadのカメラで失礼します。本当に不覚…!

 

 

ワットサケット

私が一番大好きなお寺です。観光地なのに人はあまりいないし、適度に日陰があるし高いから涼しいし(お寺比)、船(センセーブボート)で徒歩数分だからトゥクトゥクのぼったくりに遭う必要はない!この点も私の中で高ポイント。

スクンビットからなら、センセーブ運河で行くのが一番行きやすいのでは。値段も10バーツちょいと激安だし、渋滞は無いし、船大好きです。

前々から思ってたけど、そもそもタイの観光地って難易度高いよね…。トゥクトゥクにぼったくりに逢いたくないから王宮とかワットアルン近くに駅作ってほしいよ。トゥクトゥクは未だにぼったくられるから大嫌いです_| ̄|○

王宮やワットアルンもいいけど、私が一番オススメするお寺はワットサケットです。観光客のアテンドでも必ず連れて行きます。

ホムバーデンとテンプルフェアー

ワットサケットはロイクラトンの直前になると「ホムパーデン」という儀式が行われ、赤い布が巻かれます。その赤い布にメッセージや名前を書くと願い事が叶うとか。真偽はともかく、赤い布に名前を書きに行くのが私の恒例行事でした。去年は行けなかったので、今年こそと思ったら、布が巻かれていない…!

f:id:hanisandayo:20161113032537j:plain

どうやら、今年は巻かないみたいですね。

 

例年のロイクラトン直前のワットサケット及び祭りの様子はこちら。

www.bangkoknavi.com

yindeed.asia

 

どうやら、ホムパーデンもテンプルフェアーも中止の模様(´・_・`)昼間でも屋台や遊園地っぽい遊具は見られるのですが、今年は無し。どちらも行ったことなかったので、一回は行ってみたかったなぁ。

14日までは喪に服してますから、仕方ないですね。

 

行き方

最寄りのセンセーブ運河から「旦那さん」…じゃなくていいけど、子供を抱っこできる方と行くのがオススメ。

私はトンローから乗りました。12バーツ。 終点、パンファーを目指します。

f:id:hanisandayo:20161113033659j:plain

 

船って揺れるし、段差があるので、子供を抱っこしたまま乗るのはなかなか難しいです。前に子供を抱っこしたまま1人で乗って、転んでズボンにペンキ付けたまま、プラトゥーナムを歩いていた日本人は私です…。反省してます。

途中、プラトゥーナムで乗り換えるかも?

 

終点のパンファー港。

f:id:hanisandayo:20161113234523j:plain

 

終点(パンファー)まで着いたら、橋を渡って少し歩くとワットサケットへ到着します。地図はこちら。

帰りも同じ乗り場です。 

 

 プーカオトーン

ワットサケットに来たら必ずプーカオトーンに登ります。外国人は拝観料20バーツです。良心的なお値段!

f:id:hanisandayo:20161113224901j:plain

  この階段と坂道登って頂上を目指します!

 

f:id:hanisandayo:20161113225030j:plain

まず、ミニチュア版(?)がお出迎え。

このミニチュア版に黄色い布が巻かれているのを初めて見ました。普段は巻かれていませんし、例年のこの時期なら赤い布が巻かれています。どういう意味があるんだろう?もちろん、本体というか本物は巻かれていません。(一番最初の写真参照)。

 

f:id:hanisandayo:20161113230415j:plain

この鐘を鳴らしながら上へ登ります。

 

f:id:hanisandayo:20161113231016j:plain

ボーーーーン!

 

到着!

2016年11月5日現在、工事中で入り口が出口と同じ場所でした。工事中の柵とか無いので子どもがそっちへ行かないようにご注意を。

靴を履いたまま中へ入ります。履いたままでいいはずなんだけど(って書いてある)、大抵靴が脱いであるので脱がねばならないのか、非常に迷う。

 

f:id:hanisandayo:20161113231546j:plain

まず、産まれた曜日のブッダ様へタンブン(お布施)を。好きな額をどうぞ。20バーツが一般的かな?

タイ人は産まれた曜日と色を大事にします。プミポン国王の誕生日は黄色、シリキット王妃の誕生日は水色でお祝いするのは産まれた曜日の色が関係しています。詳しくはこちら。ご自分の曜日ブッダ様を知りたい方もご参照あれ。

 

www.thai-kosodate-tyuduma.com

 出口から入っているので、普段ならこのブッダ様へのタンブンは最後なのですが気にしない。

本来なら本番のワットプーカオトーン仏殿へのタンブンもしたかったのですが、真剣にお祈りをしているタイ人と、その後ろの行列を見て断念。先ほどの曜日ブッダ様へ託したので許してね。

ワットプーカオトーン仏殿はこの曜日ブッダ様の左側の通路を進んで右側に見えます。

タンブンセットは入り口側にあります。曜日ブッダ様(=出口側)の反対側です。

まだ頂上があるから帰らないでね。

 

頂上へ

さらに階段を登るとやっと見られます!

https://www.instagram.com/p/BMa5laDB3fq/

もうすぐロイクラトンなのに赤い布が巻かれていない。あと、なぜカメラ忘れたし!#タイで楽しく子育て中 #ワットサケット #うろこ雲

 

これ見に来たのに、ここが一番暑いからすぐに限界が。。。

 

f:id:hanisandayo:20161113233751j:plain

赤い布に油性ペンでメッセージと名前を書きます。願い事が叶うとか?

 

お疲れ様でした〜。

帰りはカフェで一休み。

f:id:hanisandayo:20161113234353j:plain

 

おまけ 2013年のワットサケット

私の古いipadに残っていた写真を公開。

これは2013年10月のワットサケット。通常バージョンです。布が巻かれていません。

 

f:id:hanisandayo:20161114003459j:plain

ミニチュア版も布が巻かれていません。

f:id:hanisandayo:20161114003624j:plain

 

2013年11月のワットサケット。

知人に「10月にワットサケットへ行ってきた」と言ったら、ホムパーデン(赤い布を巻く儀式)のことを聞きました。1ヶ月で再来訪。

 

f:id:hanisandayo:20161114003754j:plain

 

ミニチュア版も布が巻かれています。

f:id:hanisandayo:20161114003923j:plain

 

この当時はブログもSNSもやっていなかったので、写真はあまり撮っていません。今年のような出来事があると、写真撮っておけばよかったなぁと思うものですね。。。

先日の再々…(何度目か分からない)来訪では写真撮るのを忘れましたが、ワットサケットから見える景色は最高です。

f:id:hanisandayo:20161114004158j:plain

写真に写ってませんが、ワットアルンや王宮も見えますよ!

まとめ

  • 料金安い!(20バーツ)
  • 船で行ける(ぼったくられないし変なところに連れて行かれない)!
  • 人が少ない!(日本人はほぼいない)
  • 涼しい!(丘の上だし、今は乾季!)

 

以上、どれだけ私がワットサケットを愛しているかという話でした。